デントールとは

デントールは歯槽膿漏を抜かずに治すことを目的として開発された製品です。
本製品の最大の特徴は、ブラシの振動方向です。
デントールはブラシがそのブラシ方向に振動します。
現在数多くの電動歯ブラシが販売されており、ブラシが振動するもの、回転するものなどがありますが、いずれもブラシ面が歯に対して平行に動くものばかりです。
 
歯槽膿漏を改善するためには歯周ポケットの奥を洗浄しなくてはなりません。
そのためにはブラシ方向に振動することと、そのブラシが歯周ポケットに入り込めるほど細いことが必要です。
デントールはその問題を解決した唯一の製品であると自負しております。
 
デントール(DENTOOL)とは「DENTAL」+「TOOL」の造語であり、歯周ポケットの奥を清掃するための道具であることを意味しています。
ここではその道具を正しくお使いいただくため、ブラシの構造、動作などをご紹介していきます。
詳しくは下のリストをご覧ください。



歯を抜かないために

1.患部を洗浄する

歯周病とは歯と歯茎の間にできる歯周ポケット内部に歯周病菌が繁殖することで起こる歯茎の病気です。つまり、この菌の除去ができれば治癒に向かうはずなのですが、ここから菌を除去することは非常に困難です。歯周ポケット内部の「患部にブラシが届かない」からです。
通常、怪我をした場合には患部をきれいに洗い流し、清潔にします。放置すると雑菌が繁殖し、膿んでくるからです。
歯周病もこれと同じなのです。歯周ポケットの奥の患部にブラシが届かないため、歯周病菌がどんどんと繁殖し、膿んでくるわけです。

従来のブラッシング

 

2.患部を酸素に触れさせる

患部をブラッシング、洗浄し、物理的な刺激により歯垢を除去することはとても大切ですが、 もう一つ大切なことがあります。
それは歯周ポケット内部に空気を送り込むことです。
 
歯周病菌は嫌気性の菌ですから患部を空気(酸素)にさらすことで殺菌効果が得られるのです。
従来の口腔洗浄器では歯周ポケットが歯肉に覆われているので、患部に水が届かなかったのですが、デントールブラシを使えばブラシが患部まで水を導くので、水に溶けている酸素によって菌の繁殖を抑えることができます。
 

3.患部の血行を促進する

さらに患部のマッサージが大切です。
血行が悪くなることが歯槽骨 (歯茎を構成する骨)の溶解を引き起こし、これが最終的に歯茎の後退(歯茎がやせること)につながります。
 

4.デントールによる新方式

歯周病が治らないとされているのは、以上の3点を実行する手段がなかったということが大きな原因だと言えます。
しかしデントールブラシはブラシの駆動と振動方向に新方式を採用することにより、この3点すべてを可能にしました。
 
明日、歯を抜く予約をしているという方、まだ間に合います!
その予約を1ヶ月延期してください。入れ歯は一生必要なくなるはずです。

デントールブラシの効果

1.歯周ポケットの奥までブラシが届く

歯茎の比較

毛先(ブラシ束)が細い〔直径約1ミリ〕ので今まで全く届かなかった歯周ポケットの奥まで確実にブラッシングでき、歯周ポケット奥の食べかすや歯垢を気持ちよく取り除けます。
 

2.ブラッシングと同時に水流で洗浄

水流で洗浄

ブラッシングにより除去した食べかすや歯垢を、同時に水流が洗浄することで患部(傷口)を清潔に保ちます。
また、水流と共に患部に酸素を送り込むことで歯周ポケット奥で繁殖する嫌気性の歯周病菌を殺菌します。
1回に2~3分のブラッシングでOKです。
 

3.ブラシは水流駆動なので歯茎を傷つけない

電動歯ブラシのようにモーターで直接ブラシを動かすのではなく、パルス水流の水圧でブラシをピストン運動させます。
ブラシの先端が歯周ポケット奥に当たればブラシはそれ以上ストロークせず、水流はブラシの隙間からジェット水流となって飛び出すので患部をブラシ先端で傷つける心配がありません。
水圧は症状に合わせて調節可能です。
 

4.ブラシ先端が歯茎をマッサージ

歯槽膿漏の患部は血行が非常に悪くなっていて、このことは症状を進行させる大きな原因となっています。
ピストンブラシは1秒間に数十回往復し、この振動が患部に適度の刺激を与えることで患部の血行を促進します。
これが歯茎の膿を抑え腫れを鎮めます。さらに白血球の巡りをよくすることで自然治癒力(免疫力)を高めます。
 

5.口臭の解消

自分ではなかなか気が付きにくいのですが、歯槽膿漏の初期段階としてかなりきつい口臭が発生することがあります。
これは通常のブラッシングで解消することは困難です。
長期間歯周ポケット奥に溜まり続けている食べかすや歯垢が原因だからです。
本製品は歯周ポケットをブラッシング、洗浄し歯槽膿漏を治療するのが目的ですから、歯槽膿漏に起因する口臭についてはデントールブラシの使用により解消できます。

デントールブラシの動作

ブラシノズルの先端から毎秒30回程度のパルス水流と共にブラシが飛び出しブラッシングします。
 

デントールの動作
デントールの動作

ノズル先端が確実に歯周ポケット奥まで届き、しかも水流で駆動するピストンは先端が歯肉に当たるとそれ以上進まないので歯茎を傷つける心配がありません。
歯周ポケット奥にこびり付いた歯垢や食べかすをブラシと水流が洗浄、除去します。
 
※現行モデルのブラシノズルの構造は改良が加わり少し変更されていますが、動作原理は全く同じです。

歯ブラシとデントール

1.歯ブラシのブラッシング方向

通常の歯ブラシまたは電動歯ブラシのブラッシング方向は基本的に上図の矢印方向(縦方向または横方向)です。

歯ブラシのブラッシング

 

2.歯ブラシの拡大図

歯ブラシはいくつものブラシ束が集まってできています。

歯ブラシ拡大図

 

3.デントールのブラッシング

たった一つのブラシ束を使ってブラッシング。縦横方向ではなく、ブラシ方向に振動します。

デントールのブラッシング

 

4.ノズル先端

ブラシは先端部からおよそ10 ㎜飛び出します。歯周ポケットの深さは最大でも10 ㎜程度なので、症状の重い方でも患部までブラシが届きます。

 
ノズル拡大図

 
※スイッチオフ時、ブラシはノズル先端に格納されます。

デントールの使い方

<ノズル>
不透明なノズル:ブラシノズル
透明なノズル:水流ノズル
 
歯周ポケットクリーニングには、不透明な「ブラシノズル」を使用します。
 
本体の水タンクに水を入れた後、ブラシノズルをハンドルに差し込み電源スイッチをONにします。
※ノズル先端から水が出始めるまでしばらくかかります。
※ハンドルのON-OFFスイッチもONにしてください。
 
水流が出始めると共にノズル先端からブラシが飛び出します。
 
ノズル先端を歯の面に対して45度くらいになるようにし、歯と歯茎の境目の少し上あたりに向け、ブラシが歯面に沿って歯周ポケットに滑り込むようにします。
 
<使用時間>
一患部につき数秒~10秒程度で十分です。
 
<ご注意>
・使い始めは歯周ポケット奥に溜まっていた食べカスや血が出ることがあります。
・数日は使用後に少しヒリヒリすることがあります。
・ダイヤルでお好みの強さに調整してください。