ホーム 会社概要 製品情報 お問合せ Q&A ご注文 ご感想




<スケーリング・ルートプレーニング(SRP)>



● スケーリングとルートプレーニングの違い



・歯周炎
歯周炎になると歯肉縁より下の部分(歯肉縁下)に歯垢が付着し、グラム陰性菌と呼ばれる嫌気性の細菌が繁殖します。 この菌は酸素のあるところでは繁殖できないため、どんどんと歯周ポケットを深くしていきます。 つまり歯肉縁下の歯垢が炎症や 症状の進行に直接関係していると言えます。 歯石は歯垢がセメント質を侵蝕して石灰化したものであり、歯垢に比べれば悪性は 低いと言えます。


・スケーリング
スケーリングとはスケーラー(あるいは超音波スケーラー)と呼ばれる金具を使って、歯肉縁上および歯肉縁下の歯面からプラ ーク(歯垢)、付着物、および歯石を除去することをいいます。そして、その時にできるだけ歯質を傷付けない様にします。

※ 超音波スケーラー
超音波スケーラーを使用した場合は、超音波の効果が瞬時に歯質と歯石との境界に達するので、スケーリング後に歯面の損傷は避 けられません。 ですから歯石除去を行ったあとには必ず手用の器具でルート・プレーニングを行う必要があります。 つまりルートプレーニ ングを前提とした処置です。


・ルートプレーニング
ルートプレーニングとは、スケーリング終了後に、歯根表面の歯垢によって汚染・軟化したセメント質や象牙質を除去し歯根面 を硬く滑沢な面に仕上げることをいいます。

※ 滑沢(なめらか)な面
ルート(歯根部)をプレーニング(平らに)することはとても重要であり、これがでこぼこの仕上がりになると歯根部の虫歯の原因に なります。


● スケーリング・ルートプレーニング(SRP)の危険性

 スケーリングやルートプレーニングはスケーラーと呼ばれる金具を使って行います。 上手にできるようになるまでにはかなりの熟練が 必要だと言われています。 特に歯肉縁下に付着した歯垢や歯石は見えませんから、指先の感覚一つで探り当て、削り残しのないように、 かつ削り過ぎないように、そして表面が滑らかになるようにするのは至難の技であると言えます。 歯肉縁下にはエナメル質がなく、 スケーラーによって簡単に削られてしまうのです。 もし削りすぎた場合は、知覚過敏になったり、歯根膜の再付着を妨げたりと、 深刻な問題を引き起こします。 SRPによって歯根面を全く傷つけずに歯垢を完全に除去することは事実上不可能ですから、もしSRPを する場合、時期を見て一回。 そして処置後は絶対に歯垢が再付着しないようなブラッシングをしなくてはいけません。


● デントールとSRP

 私どもの目標は「抜かずに治す」ことであり、「一生自分の歯でかむこと」です。 抜く時期を遅らせるだけでは何の意味もありません。 また歯石や歯垢を取り除くために大切な歯質を失うのでは本末転倒です。 現在、歯周病治療の第一歩としてSRPが位置付けられていま すが、それは効果的なブラッシング手段がなかったからで、歯周ポケットの底まで届く歯ブラシがあれば話は別です。 歯質を傷めること なく歯垢を除去することが可能になるからです。 これを実現したのがデントールで、毎分1000回以上のブラッシングに よって歯周ポケット内をつるつるに磨き上げることができます。

 歯質を損傷せずに歯周ポケット内の異物を除去することができれば、歯根と歯肉の組織同士が結合して互いに密着することが確認され ています。 そうなれば歯周ポケットは解消され、菌が再び侵入することができなくなります。 実際にデントールをお使いに なられた方から、「腫れが退いて歯茎が引き締まった」というメッセージを数多くいただきます。 大体一週間から十日ほどで効果があら われる方が多いようです。

 ブラッシングだけでは、歯石は除去することはできませんが、腫れが退き歯茎が引き締まれば、歯肉縁の位置も後退しますから、今ま で歯肉縁下に隠れていた歯石が露出してきます。 そうなれば、SRPで歯石や歯垢を簡単かつ安全に除去することができます。

 ですから、まずブラッシングで様子を見て、どうしても必要だという時まで歯肉縁下の歯石のスケーリングはしないという方針をお奨 めします。 個人差はあると思いますが、SRP処置をしないまま治ってしまうという可能性も十分あるからです。


歯槽膿漏用・電動歯ブラシ