知覚過敏


  • 歯磨き剤による知覚過敏
    • 歯槽膿漏(歯周炎)が進行すると歯肉(歯茎)が後退し、歯根が露出してきます。
    • 歯根部を覆っているのはエナメル質よりずっと柔らかいセメント質です。
    • 露出した歯根部を歯磨き剤により毎日のブラッシングすると、このセメント質が削られ、その内側の象牙質を露出させます(下図:楔状欠損)。
    • これにより冷たい水がしみるようになることがあります。
    • 健康な歯茎なら歯肉が覆っているため歯磨き剤によりセメント質が削り取られる心配はありません。

 

 

  • 超音波(ソニック)スケーラーによる知覚過敏
    • これは歯石を除去するのに有効ですが、その反面これにより知覚過敏を引き起こす可能性はかなり高いようです。
    • 一種の歯髄炎を起こして神経が変性するためではないかとも言われています。
    • そしてこの症状は非常に長い期間続きます。
    • ですから歯茎の弱っている歯周病患者は特にこの治療を避け、手用の器具によるスケーリグをした方がよいと思われます。
    • また、超音波を使用した場合はスケーリング後に歯面の損傷は避けられないため、歯石除去を行ったあとに手用の器具でルートプレーニングを行う必要があります。

 

  • ルートプレーニングによる知覚過敏
    • スケーリングと似た器具を歯周ポケットに入れ、歯根表面を薄く削り真っさらなセメント質を露出させます。
    • これは 歯根膜を再生しやすくするためです。
    • しかし手探りだけに熟練が必要です。
    • また歯や歯茎、膿漏の仕組みに精通して、 感触から各種の診断を下す知識と判断力も要求されます。
    • もしルートプレーニングが上手く行われなかった場合、うすいセメント質が削られ象牙質が露出する結果、知覚過敏に陥ります。
    • また、歯面がデコボコの仕上がりになった場合はさらに深刻です。
    • 1~2年のうちにかなりの高率で歯根部の虫歯になります。